カテゴリ:日常( 47 )

引越しのお知らせ

はてなダイアリーで複数アカウント機能が追加された事もありますので、日記をはてなの方へと移転させる事にしました。同一blogサービス内ですので、これまでは分家の方とは一部どころではなく被っていた日記の内容に関しては完全に分離する事にします。といっても、J-LINKの関係から、ジャンプの感想は分家の方になる事だけは確定ですが、それ以外の部分をどうするかは現在は迷っている部分ではありますね。方向性は書いている内にはっきりするとは思いますが。

移転先:
http://d.hatena.ne.jp/zefiro01/
本体からのリンクもはてなの方に変更しています。
[PR]
by zefiro01 | 2005-06-17 21:37 | 日常

6/15の雑記

はてなの有料会員になって「今日からの俺は昨日までの俺とは違うぜ」と不毛な優越感に浸るExciteブロガー(造語)の日記へようこそ。

NDSを購入するかどうか思案しながら店舗を徘徊していたのですが、店から出てきた時にはどういう訳なのかはさっぱりわからないのですが「流行り神」(日本一ソフトウェア)「サイバー大戦略 出撃はるか隊(システムソフト)「サイレンとメビウス」 CADE:TITANIC(GAINAX)という3本のソフトを購入していました。まぁ、こんな事は誰にでも良くある事なので深く考える筈もないのですが。

「はるか隊」と「サイレントメビウス」については古いソフトなので少しだけ説明。前者は、桝田省治がシナリオ監修に関わったアニメ系キャラクターを前面に押し出した大戦略シリーズの一作。キャラクターデザインは後に「式神の城」のキャラクターデザインを担当する事になる園田未来氏。ゲームの評価については、ぶっちゃけていえば微妙。「サイレントメビウス」は人気漫画を原作とした元々はPCゲームのADV。PCゲーといってもPC-9801の事なんですけどね(笑)DOS時代のゲームでフロッピーディスク8枚組というかなりふざけた仕様のゲームでした。友人の家で結構な時間をプレイしたのですけれど解くまでには至らずと言った所ですね。何故に今更・・・といった感が漂いすぎな移植作品を兵器でリリースするのは流石GAINAXといった所なんでしょうか。

そんな訳でナムカプも終わらない内にゲームを更に買い込んでしまう俺の週末は果たしてどうなってしまうのかは正直自分でも判りませんけど、取りあえずは土曜日には「キングダム・オブ・ヘブン」を観にいってきます。残りは・・・(笑)。
[PR]
by zefiro01 | 2005-06-15 22:56 | 日常

6/14の雑記

更新が遅れ気味なのはナムカプが大変すぎるから、という一言で説明できそうな生活を送っていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?土日だけで20時間以上はプレイしていたはずなのですが、現時点で39面までしか進めていないとういうのは一体何の悪夢なのやらさっぱりわかりません。来週にはいよいよリメイク版ジルオールが発売になりますので、今週末で決着をつけたい所では有るんですよね。

これから夏に掛けては、ジルオール・インフィニット、バンピートロット、絢爛舞踏祭、第三次SRW、サモンナイトエクステーゼと購入予定ソフトが最低でも5本(本当はドラゴンフォースも購入予定でしたが延期)と、自分の容量を越えたゲーム三昧な日常に飲み込まれそうな予感は多々有るのですが、まだなにか大事なものを忘れているような気がしてなりませんので、今はこれ以上は考えない事にしておきます。
[PR]
by zefiro01 | 2005-06-14 18:40 | 日常

樋口大輔 Go AHEAD

「ホイッスル!!」の樋口大輔の最新作。珍しいアイスホッケー漫画という事と自分の地元が登場するので購入してきました。弟の死を切っ掛けとしてプロホッケー選手としての道を捨て教師になった相羽剛平と海外留学経験も有るホッケー少年伊崎勇揮の二人が、南国宮崎で出会い互いに触発しあいながらそれぞれの物語を歩んでいく(事を描くであろう)漫画。単行本1巻には3話まで収録されているのですが今の所は二人の主人公が物語を動かす以前の助走段階なので評価としては様子見といった所ですね。

ただ、話の進め方が少々強引で早急な所(猪が高低に出現、ホッケースティックで石を猪の眉間に打ち込んで猪鍋等)は気になりますし、アクション描写は相変わらず上手いとは言い難いので、スポーツそれ自体を描く漫画としてはそれ程期待は出来そうにも無いのでけど、二人の主人公が作り出すドラマ部分にはそれなりに期待してます。当分は剛平が勇揮の指導をしながら宮崎でチームを作るという話になるのでしょうけど、第一話冒頭で少年時代のホッケーへの憧れる切っ掛けが描かれた、プロ志望から失意の内にホッケーから離れた剛平を一指導者のまま終わらせるとも思えないですけど、その辺りの二人の共感と成長、そして離別のドラマをきちんと描けるかといった所が勝負になるでしょうね。それから、選抜編以前の初期ホイッスルの様な主人公にに関わる様々人達が作りだす場の空気の様な物が描ければといった所かな。前作では、野呂や高井の様なキャラクターが登場していた頃の方がチームを描いた漫画としては味があったと思っていた口ですしね。

巻末のおまけページでは、樋口大輔版「MGS3」「亡国のイージス」のキャラクターイラストとコメントが載っているのですけど、横山仁版「イージス」に毒されている自分としては樋口氏が「物書きとして「やられた!」という悔しさ・・・と」という文章を書いている所で、そりゃぁ自分の好きな小説のコミカライズがあんな結果となってしまっては悔しいだろうなぁ、とありえない誤読をしてしまったのは秘密だ(笑)
[PR]
by zefiro01 | 2005-06-05 21:53 | 日常

6/2の雑記

ナムコ クロス カプコンはワルキューレが登場する面まで進行。現時点では1MAP辺りのプレイ時間が1~1.5時間程度かかっているので幾ら時間を割いても全然先に進んでいきません。敵の増援も1MAPに3回あるのが当たり前になっていますしね。強制パーティ分割が結構な頻度であるので強いキャラのみでごり押しするという訳にもいかないのが大変です。それでも伝え聞く所のベルウィックサーガの高難易度の噂を耳にする度に、カプナムにして置いて良かったと心のそこから思います。
[PR]
by zefiro01 | 2005-06-02 18:43 | 日常

最近買ったもの

ナムコ クロス カプコン ナムコ
もやしもん(1) 著:石川雅之 講談社
ピアノの森(4)~(6) 著:一色まこと 講談社
K2(2) 著:真船一雄 講談社
西の善き魔女Ⅲ 著:荻原規子 中央公論新社
流され雛の朝 著:館山緑 マイクロマガジン社 

メモオフ2ndのシナリオライターとして知られる館山緑が小説を出しているという事で新刊を手にとってみたのですが奥付の所に、企画/編集 ディースリーパブリッシャーという信じられない文字列を発見してしまったので勢いで購入してしまいました。相変わらず馬鹿な買い物しているなぁと自分でも思います。D3と館山氏の関係というとスレッドカラーズ以外に思い当たる節はないのですが、それ以前に何故D3が、自社開発ゲームのノベライズですらない小説の企画制作を行っているのかが疑問なのですが・・・別段、商売的に旨みの有る事業とも思えないですしね。D3という会社のやる為は毎度毎度私の矮小な頭脳で考察するにはあまりにも深すぎます。

もやしもん単行本には雑誌掲載時の柱もちゃんと収録されていました・欄外での菌の紹介が楽しい漫画なだけに嬉しい使用ですね。しっかし、この色気も何も無いカバーはもう少しなんとかならなかったのだろうか。面白い漫画なだけにちょっと勿体無いかなという気がします。
[PR]
by zefiro01 | 2005-05-31 19:52 | 日常

5/25の雑記

車田先生によると、好きな女性に操をたてて一生童貞のまま死ぬ事は男の男なのだそうです。発言自体もかなりアレですが、死んだ友人の遺体を前に30絡みの大人が真面目に語り合っているというシチュエーション自体になんともいえない駄目さ加減が漂ってますね・・・。

少し前にKIDの経営が危いらしい等と書きましたが、すみmせんD.Oの方が100倍やばかったようですね。2chでは給料が手形で支払われる、開発人員は全て逃げた、ソフ倫脱退等、お前等はどこの関係者だよ、と突っ込まずには居られない程の悲惨な内情の暴露大会が・・・。まぁ、自分も一番細菌に購入したソフトが「レストア」ですしあまり強い事は言えた口ではないのですが。なんだかんだで、遊んだ作品数は6とKCEやD3、スクエアエニックス、バンプレ、SCEといったコンシューマの大手並に(一部微妙なメーカーがありますが気にしないように)世話になったメーカーですし、萌え全盛の時代の中で、微妙にそこから外れたゲームを地道に出している所が好きだったのですけどねぇ。っというかそちら系の話で、景気のいい話など殆ど耳に入ってこないのは果たして俺のアンテナが低すぎるからなんでしょうか・・・。
[PR]
by zefiro01 | 2005-05-25 20:21 | 日常

5/23の徒然その弐

実はというほどのことも無いんですが、自分は不整脈持ちなんで不眠だとか暴飲・暴食といった条件が重なると心臓がとっちらかっておかしな事になるんですよね。今日は久しぶりにそういう状態に陥ってぶっ倒れておりました。気分としては久しぶりにキターといった処でしょうか。そういう訳で今日は仕事をお休みしていました。へなへな。

それとは全く関係が無い話ですが、交響詩篇エウレカセブンで登場人物が金枝編を読む姿を見るに連れ、大学時代の頃より金枝編を読もうと試みては挫折しつづけていた自分の過去の過ちが思い出されたりして変な所でへこむ(笑)エウレカセブン自体はまっとうな少年の成長物語をまっとうに描いていて好感が持てるアニメなんですが。
[PR]
by zefiro01 | 2005-05-23 20:25 | 日常

最近購入した物

SLAMDUNK1億冊感謝記念」ファイナルイベントDVD"SLAMDUNK 10 DAYS AFTER"(注文)
チョコレート工場の秘密 著:ロアルド・ダール 評論社
カウンタック(2) 著:梅澤春人 集英社
ふくふくふにゃーん 原っぱの巻 著:こなみかなた 講談社
[PR]
by zefiro01 | 2005-05-21 10:28 | 日常

アドレナリンとヘモグロビンが欲しい

仕事が忙しくて家に帰るとそのまま床についています。そして何故か目覚めるのは夜の2時だとか3時だとか、と確実に駄目な方向に体が慣れてしまっているので、土日でしっかりと体力回復しなければと思ってます。

ギャルゲメーカーが危(ヤヴァ)い話はFOGだけでお腹一杯だと思っていたらKIDの方もかなり深刻な状態だとかなんだとか。実態は兎も角、ファンにはそう受け止められている、と。IFな世界も色々とアレな様ですし、今コンシューマ機でギャルゲの類を遊ぶ事の意味というものを受けてである自分達も少しは考えておかないと生けないといういう事は全く思ってはいませんが、少なくとも生きていくのには色々と辛い時代にはなったものだなぁとは思います。旗から見ている津自業自得だろう1という気もしないでもないですが。
[PR]
by zefiro01 | 2005-05-19 06:03 | 日常