メンテは続くよどこまでも

消えた過去感想を復活さておきました。ever17のものだけ若干手を入れていますが基本的にもとのままです。それから他の感想の一つにも十文字程度の直しを入れてます

新規の過去作品の感想は近い内にでも。うん、元々は旧サイトで書いた感想のリライト目的で開始したはずが半分位が新規感想なのはいかがなものなのか、何て思ったりはしないでもないです。ただ旧サイトで既に書き直しをやったゲーム(クレとか)は正直どうしたものかと思います。書き加えるようなことが正直思い付かないなぁ、と。例外的にひとつだけそれをやっているのはあるんですけどね。さて。
[PR]
# by zefiro01 | 2010-06-13 15:40

ギャルゲー 思い出の彼方 EVER17(復活版)

2002年のギャルゲー村最大の話題作。
正直言って、2002年時点でエロゲ経由ではない、純粋ギャルゲーの話題作が登場したこと自体が驚きだったかな。結局はその後も村内部での話題作に限れば幾つかあった訳だけれども、自分の当時の認識ではシスプリがこのジャンルの最後の花火かな、という感じでしたので。それが、普段はこの類のゲームには触れないオタ系サイトでも言及されていたりと、特にアンテナを向けなくても自然と情報が目に入ってくる状態になっていたのは地味に凄いことなんじゃないかな。

とはいっても、そんな話題作を自分が実際にプレイしたのは大分後の話で、所持しているのも廉価のSUPERLITE2000として発売されたもの。話題作にすぐに飛びつかなかったのは、ただなんとなくというのがまず第一だったけれども、「打越鋼太郎」がメインで書いているというのも避けていた理由のかなりの部分でもあったりもします。一番最初の「MemoriesOff」をプレイしていた人間としてはね、これは譲れない一線というか、遅刻の言い訳を学校のプールで海亀の世話をしていたから云々と主人公が延々とまくし立てるゲームの事なんか今更おもいださせるんじゃないよ。21世紀にもなって!!といった感じですね。あちこちのサイトでそのメインライターが「打越先生」呼ばわりされている現象も自分にとっては脳がゆすがれる程のインパクトがありましたしね。

このゲームの出だしからして、狸のキグルミに幼女がかぶりついていてその幼女に犬がかぶりついているといったもの。「人は同じ過ちを・・・繰り返す」っていうのはまさにこのことだよなぁ、なんて思いまたしばらく放置してみたりもしたりと、回り道もしました。

プレイしてみると色々な事をかんがえたりもしました「ごく普通の恋愛日常アドベンチャーゲームだったはずなのが、全キャラクリアした瞬間に、それまでやってきたストーリーなんか前ふりだぜといわんばかりに真シナリオが登場するゲームと、EVER17のように、謎があるのがあらかじめわかっていながらもそれが個別のシナリオでは一向に解決されずにストレスを溜めさせた上で、最後の最後になって解決!というのとではどっちが親切なのか?」という疑問や、「映像つきの作品で叙述トリック的な事をするもの大変だね」、だとか、「折角根本に大きな嘘を据えて登場人物やプレイヤーをだましても、細部が大味すぎて台無しになってない?」だとかね。

舞台設定や、謎の配置で話を引っ張る力があるのは認めますし、ギャルゲの中では結構な野心作でははあると思いますが、だからこそちゃんとした作りこみをして欲しかったですね。最終シナリオは力業としか思えないまとめですし。本当にもったいない。期待はずれとまではいかないけれど、がっかりしたことは確か。自分はすばらしいまでの引きの強さとがっかりな結末が魅力な恩田陸ファンですがこの程度のがっかりではぜんぜん足りないんですよ!!というのはさておき、プレイ中はわりと楽しかった事は確か何で余計にね。

ただ、このゲームで熱中した後でホームページ上で語ってみたくなるという気分はわからないでもないです。それに当時はテキスト系サイトの全盛時でもありましたし、このゲームはそういう波に乗ったという意味で、時代を反映したゲームなのじゃないかな、と今になって思ってみたりもします。
[PR]
# by zefiro01 | 2010-06-13 00:00 | ゲーム

メンテ日記

二次元陳情は閉鎖なのかな。
俺的にはツートップのおきたさんもたろささんのところも閉めてますし、けさいAAを思い出すような取り残され感をありありと感じてます。

エントリーが消えた件はともかくメンテも一通り済ませました。6月くらいにはぼちぼちと。

追記 まだまだtestする事が在りました。今のところは順調に進めてます。
[PR]
# by zefiro01 | 2010-05-17 23:26

とりあえずメンテ中

いくつかの記事がロスト状態になってます。

復旧の目処はたっていません。ローカルではテキストを保存していないのでGoogleのキャッシュを使うかリライトするかの二択ですね。移転も考えてます。
[PR]
# by zefiro01 | 2010-05-12 18:05

エロゲー 思い出の彼方 Floralia

以前のサイトのレビューでは点数を辛くつけすぎたかなと思っている。比較的最初のころに書いたからというのもあるのだけれど他のゲームと比べてみても明らかにバランスを欠いていたなぁ、とは思ってるんだ。うん、でも、良作だとも思っていないというか、今、このゲームの事を一言でいい表すなら素材無駄使いのもったいないゲーといった所かな。

当時「萌えエロ」なんて言葉が2ch界隈で目につくようになっていたけれど、この「Floralia」がそれの源流なのかどうかは知らないけれども、代表作の一つとして見られていた事は確か。萌えエロってのは、明るく楽しく激しい萌え絵で描かれたエロゲーなんだろうなぁ、というのは見当がついて実際にプレイしても、まぁ確かにそうでしょうねって感じだけれども、楽しいのは前半までだったかなという印象。主人公の家に教師が3人同居することになって、おくてだった主人公がお約束どおりに教師の面々とずぶずぶになるっていうのはいいんだ。むしろそうでなきゃ困る。だけれど、後半になって目当ての学校内のヒロインを追いかける後半部分がいただけない。家ではずぶずぶだけれど、学校では清く正しく正攻法で攻め落とすぜ!というのは問題ない。そういったギャップをお話に組み込んで山なり谷なりを作って進行させるのは王道。だけれども、このゲームはやりかたが拙いつーか、主人公の内と外が交わらずに分離しちゃっているんだよね。内は内、外は外で、それが交わるシーンはちょっとだけ。一ヒロインに対して3人いる教師の一人しか対峙させないってのももったいない。せっかくのキャラや設定が死蔵されていて、なんでこんな仕様にするかなーと思うんだよね。やるなら徹底的にやらないと。女教師’Sと主人公だけでやったりやられたりの攻防を繰り返している時の方が俺は好き。逆に学園メインの後半が好きな人にとっては前半は余計に映るんじゃないのかな?どうだろう。

あと、そうだなぁ、萌えエロとはいわれていて確かに尺は長いけれど大抵は喘ぎ声での水増しだってのはがっかりだったかな。地の文で粘着的にねちねちやられるのが自分の好み。こんな感じです。
[PR]
# by zefiro01 | 2008-01-29 09:40 | ゲーム

エロゲー 思い出の彼方 しすたあエンジェル

ファン多いよね。でも俺にとってはいまいち。
闊達ななやりとりや漫画的な演出等が人気になっている事は理屈ではわかるし、別につまらないと思っているわけでもないんだけれど、それ以上に演出をがんばればがんばるほどに手法的な限界というのかなぁ、無理して盛り上げてるなぁと思うと同時に無理して読まされているなぁ、俺、という感情が沸き起こってくるんだよね。だからといって十年一日なADVの見せ方が今のままでいいのか?と聞かれれば、そんな事はないだろうとは思うけれども、でもこれは多分違うだろうと思う。どうも理屈ぬきで楽しませるハイテンションで即効性のある笑いが次々とはなたれているんだけれども、受けての自分は頭で考えてしまっている、というのかな。それと周囲の状況が明らかになんらかの秘密なり嘘なりで塗られているのにちっともなかなか本筋に踏み込んでいかないところにもどかしさを感じるのかも。そこはわざとやっているのかも知れないけれど。

ですので馬鹿なロボは可愛かったです、ととってつけたような感想をつけていち早くこの場から撤退するのであった。
[PR]
# by zefiro01 | 2008-01-29 09:16 | ゲーム

ギャルゲー 思い出の彼方 みつめてナイト

みつめてナイト全キャラクリアした事で変人扱いされた事は青春の苦い思い出なんだ
当時のネット、リアルでの30数人程度の50歩100歩なこゆい人々な人間の中でなんで俺一人だけなんだよ、という気が物凄くするのだけれども現実は過酷だった・・・。

確かにこのゲームは長い。最初から最後まで通しでプレイして3、4時間程度。ヒロインキャラは全部で16人なので16×4とするなら理論的には攻略に必要な時間は64時間。当時としてはこのボリュームは破格。とはいえ、ヒロインを攻略上の要請に従って3グループに分けて共通攻略用のデータを作って効率化すれば40時間もあればプレイ時間は収まるんじゃないか、とは思うんだけどね。CG全クリとか称号全て所得を目指すような廃人はここでは相手にしない。

ネットなどで調べると、みつめてナイトのネタとしては、ヒロインのお花畑的な言動やギャルゲ的お約束的展開に見も蓋もない突込みができ、メインヒロインでさえゲームから排除できるという豪快さ(元になったゲームでは出来なかったからね)だとか、ヒロイン死亡フラグのあまりの多さ、そして主人公の妄想の産物だったピコがよくとりあげられるけれど、俺的に一番アレだったのは告白時のぶっちけトーク!告白時にヒロインがうだうだしゃべり倒すのだけれど、大体の内容が「それを何故今ここでいう!?」みたいな内容でこれは遠まわしに断わってくれといっているのか?と邪推したくなりますし、こんな重くて面倒な女は連れていけねーよなぁ、とどんよりとした気分にもなるというか。例えばレスリーの場合だと「(妹のように面倒をみていたロリィの事を)実は嫌いだった」などと伏線もなしに唐突に語り始めたりするわけで、「ロリィは関係ないだろう、ロリィは!」などと言い返したくてしかたがないっつーか、こんなのばっかりだった記憶が(笑)

レビューの形でこのゲームを取り上げた事はないけれど、人にゲームの感想を聞かれた時や、日記で取り上げた時は「多くの背景設定や人間関係をゲーム上にうまく落とし込むことには必ずしも成功していない、ゲーム要素の強い作品からノベル全盛の時代までの過渡期的な作品」みたいに成功作ではない的な言い方をしていたけれど、好き嫌いでいえば、突っ込みどころはおおいけれど楽しいゲームだったとはいいきれる。むしろ突っ込みどころが楽しいというか。近代西洋ごった似風世界で気持ちよく遊ばせていただきましたーという感じ。育成ゲームとしても難しすぎず、簡単すぎずパラメータ値もちゃんとゲームの進行に反映される所は、先行ゲームの血を感じさせられるよね。冗談で時々いっていたんだけれど「なんでも999」だとかパラメーターの意味ねぇーってゲーム当時多かったしさ。本当はこんな事で感心してはいけないんだけど。

ヒロインでは馬鹿王女(プリシラ)と地雷女(スー)が俺のお気に入り。前者はいかにも今井由香キャラが声を当てるキャラだなぁという感じのお気楽王女、設定は意外と重い。後者は最初は「年下、年下!!」と見下しているくせに親しくなってくるとなにかにつけて「結婚、結婚!!」と口や態度で示したがる面倒くさい女。現実なら即効で逃げ出すだろうけれど、ゲームでなら所詮はひとごとみたいなものだしネタ的に面白い。

あとは、そうだなぁーやっぱり声優関係かな。主役は現在消息不明な小西寛子、それから故人となった新山志保が出てるんだよね。結果論として貴重なゲームになったんだよなぁ、と嘆息。それから、当時のこの種のゲームとしては最高クラスの売れっ子を揃えていたのに何故ハンナ役の人だけ無名だったのかは今もってわからない。誰か知ってる人います?
[PR]
# by zefiro01 | 2008-01-29 08:41 | ゲーム