ギャルゲー 思い出のかなた エターナルメロディ

Moo氏って不思議な人だよなぁ、とは何時も思っている。
初期のPSのギャルゲーという事を鑑みても下手糞としか言いようのないような原画しかえがいていなかったのにも関わらず10年以上たった今でもMoo氏原画の新作が出続けるのは一体何なのか。そして、一般論で言えばMoo氏的な稚拙な絵を描く人は、描き続けるうちにその人なりに変化をする、といっても情報量がおおくなったり、逆にシンプルな線になったりだとか、デッサン力が上昇するだとか、逆に奇形的に進化する、とか、本当に人それぞれ形は色々だろうけれども、何故だか分からないがMoo氏の場合は本質的に変化しているようには見えないというか、アレが完成形というのは凄いよなぁ、と思うわけでして、ギャルゲー原画の人気や需要ってのは本当にわかないものですわ。

で、ゲームそのものの感想としては、一言で言えば「ギャルゲーのゲーム部分ってこんなのでも通用するんだ」というのを刻み込まれたっていうのかな、当時の俺はこの分野に関しては全くの素人みたいなものだったからインパクトというか諦めというか割り切りというか、まぁ色々な物を感じないでもなかったですよ。エタメロのような主観視点で3人パーティのRPGといえばDQ2が一番有名だろうけれど、当時ですら10年選手なDQ2に比べてのエタメロのRPGパートの大味さといったら!まぁ、こういう洗礼を受けて人はギャルゲーマーになるんだろうなぁ、というのは今だからこその感想ですな(笑 そういう意味ではあまり楽しめなかったけれども通過儀礼として必要だったという、きっと誰にでもそういうゲームがあると思うんだ、という事にしておいてくださいな。

さて、エタメロをプレイした当時の感想としては、声優のひどい棒読み演技!ヒロイン役の声優の半分はたぶん素人だろうな、と勝手に思っていたのですが、今、改めて調べてみると確かにキャリアの浅い人が多いけれども、当時のある程度この世界に慣れている兵なら誰でも知っているレベルの人ぞろいでびっくりしましたわ。全員プロ。間違っていたのは当時の俺の認識。でも演技が下手という感想はかわらないけどね。

それから、これは「多分」ですけれども島本須美をギャルゲーの攻略対象キャラの声優として起用したゲームってこのエタメロだけなんじゃないかな。俺の中では「だいすき」の戸田恵子と並ぶギャルゲーの二大ミステリアスキャスティングって事になっているんですが、さて。
[PR]
by zefiro01 | 2008-01-28 04:48 | ゲーム


<< ギャルゲー思い出のかなた マリ... ギャルゲー 思い出の彼方 セン... >>