家族計画がPS2に移植

インターチャネルは、2001年にPCソフトメーカー・D.O.から発売された『家族計画』をPS2に移植すると発表した。
ファンの間では移植は難しいと言われていた家族計画のPS2移植が発表。家族計画開発元のD.O本体が計画していたX-BOX版加奈が発表から二年程たっても全く音沙汰がないのとはえらい違いだ。
家族計画というゲームは、エロゲ・美少女ゲームに属する作品としては珍しく、ホームドラマ的な要素の強いコメディをやってみたり、結婚という一つのゴールと始まりを通じて、家族を失った人間が「家族計画」での他者との擬似家族生活を経て新たな家族を獲得するまでを描くというべたですけど筋の通ったドラマをやってみたりといった独自性が印象に残ったゲームですね。ごくごく狭い内輪の世界を舞台に、最後には主人公とヒロインが二人だけの狭い世界に閉じていく、というのが自分のこの種のゲームに対しての印象でしたので(偉い偏見を抱いているものだと自分でも思いますが)その逆の方向を志向しているこのゲームは自分的にはとにかく新鮮でした。PS2版は勿論音声つきなので絆箱を購入していない自分にとっては割とこの移植は嬉しかったりします。多分、あの巨大な箱をPS2で再現させることはないでしょぅし(笑)
[PR]
by zefiro01 | 2004-10-30 00:50 | ゲーム


<< 週刊少年ジャンプ49号感想 仮運用開始 >>