ギャルゲー 思い出のかなた サクラ大戦

SSが有ったからサクラ大戦を購入した。
サクラ大戦を購入したからSSを購入した。

何をいっているんだという話ですが、当時俺の家に友人がSSを持ってきたのですが、どういうことなのかその友人はSSのソフトを持ってこなかったので仕方がなく俺が「サクラ」を購入したのが事の発端なんですよね。で、ソフトを購入してしまったのでその流れとして自分自身のSSを購入したという次第。当時はSSもサクラも単体としては特には欲しいとは思っていなかったんですよね。全てはめぐり合わせのなせる業でしょうか。

売れるゲームだと思いましたし、ギャルゲーの癖にちゃんとつくってあるゲームだな、というのが率直な感想でしたね。当時のギャルゲーというと、もっさりとした挙動。汚いフォントや、無駄にぶっといウインドウ枠、目に悪そうなパステルカラー多様の配色に、人を馬鹿にしたようなメニュー、ミニゲームや戦闘マップでの適当なキャラクタードット&アニメ・・・等と有名声優を使って売れそうな絵師を使うだけで力尽きているじゃねーの?といいたくなるようなゲームばかりの中で、サクラ大戦は普通のゲームとして普通に気を使うべきところを当時の水準なりにちゃんと目を配って作ってあったという意味でインパクトがありました。ちゃんとしたゲームを作ってやろうという意気込みは感じますし、金や人手が足りているというのはこういう事なのだなぁというのがよくわかるゲームで、格が違う、さすがはセガ謹製という感じを受けました。もちろん、それだけが売れた原因だとは思いませんが。

ただ、サクラ以降でもそういった気配りを感じさせるゲームが何かというと、とんと思い出せないのがアレなんですが。今にして思うと、内容自体は果てしなくギャルゲー、オタゲーでありながらも、ギャルゲー村以外にもアピールできるようなつくりをして実際に結果も出したゲームというのは貴重だと思いますし、それが時代だったのかなと思います。

肝心のストーリーの内容は「忘れられるなら忘れたい」というか「終わりが駄目なら全て駄目」というべきか「お約束を積み重ねて盛り上げてきたのに、最後の最後で一番駄目なお約束を選んでしまった」というべきか、まぁ色々ですね(笑) むしろ、本偏と同じ程度かそれ以上に「花札」に熱中させられたのもお約束。何故に、別に脱ぐわけでも、何かゲーム的に特典があるわけでもない花札に熱中した人間が大勢いたのか、というのもまた花札ゲームとして体裁の整ったものを普通に出してきたってのもあるのかな、とも思います。一番駄目でありがちなパターン「キャラの絵が札に書いてあるようななんちゃって花札」だったりしたらそれだけで気力半減ですし。
[PR]
by zefiro01 | 2007-09-23 09:35 | ゲーム


<< ギャルゲー 思い出の彼方 セン... というわけで >>