思い出の彼方 家族計画

ついでに家族計画も書いてみよう。

なんだかんだいって山田作品は初期の3作品しかプレイしていないんだよなぁ、自分は、とこの感想を書くときに改めて思い知らされたわけですが、自分の感覚でいうと、この3作品をぷれいしての山田一についての印象は、とりあえずストーリー的に必要だとして自分で振ったネタについては、きっちりと落とし前をつける人だなぁという所でしょうか。起承転結がしっかりしているというかな、そんな事をいうと「星プラ」のゆかりシナリオは山もオチもないだろうとか言われそうですが、まぁ、あくまでも自分の印象としてはそうだった、という話です。

ストーリーは結構異色ですよね、少なくとも自分にとってはなんですけれど、結婚と結婚することによっての義務ーここでは相手を心身ともに受け入れることと経済的に扶養することーを主人公が受け入れる事というのをメインに打ち出してくるゲームってのは殆どプレイしたことがなかったですからね。エンディングで結婚したりエピローグで結婚生活が描かれるゲームはいくらでもあるんですけれどね。そういう意味においては一見顔なし突っ込みONLYの無個性派主人公(ヒロインと関わるためだけに存在していて自分の物語を持っていない主人公)に見せかけて、沢村司という主人公は物語の中で立派に主人公していたんだよなぁ、と今更ながらに思います。酷い罠ですよねぇ、あの一匹狼が最後は婚姻届片手に中国の田舎まで彼女を追っかけていくようになるんですから、これは燃えるしかないでしょう。ええ。俺は昼ドラ的なべたべたな展開が大好きですから。

レビューなどでは7人で始めた擬似家族が崩壊することに対しての不満の声を結構見かけましたけれど、人間不信気味の主人公が自分の責任で他人の存在に対して責任を背負うようになるまで、のストーリーと考えると擬似家族は崩壊しなければならない必然があったんでしょうねぇ。

異色ということでは準のシナリオもかなり異色でしたよね。なにしろ準の個別シナリオにはいって早々に準は舞台から退場して、それから後は延々と準の航跡を訪ね歩いたり聴かされたりという異色の展開でこのシナリオだけは結婚云々も主人公の物語も全く関係なし。多分、準のストーリーを展開させるという方針が主人公のそれに勝ったんだろうなぁ。自分はメインディッシュ的なシナリオと直感した一番最後にプレイするという方針なので準シナリオは一番最後にプレイしたのですが、最後の最後でのやりたい放題ぶりなストーリーに展開にぶち当たって当時は本当にしびれた事を思い出します。

次回は自分の人生を変えたといってもいいあのゲームについて書いてみようかな、とも思うのですが正直言って何を語っていいのか困っています。少なくとも今までWEB上で書いたことないんですね。あまりにも自分の中での存在が大きくて。なので別なゲームにするかもしれません。ギャルゲ全盛時代のB級ギャルゲあたりの事も書いてみたいという願望もありますし。エタメロとかヒロインドリームとか・・・今となっては何もかもみな懐かしい(沖田艦長風に)
[PR]
by zefiro01 | 2007-01-22 10:08 | ゲーム


<< ギャルゲー 想い出の彼方 NOeL 思い出の彼方 KanonとAIR >>