曲がったままの勾玉

ナムコ クロス カプコンを購入。事前に登場作品のチェックをしていなかったので、新しいキャラクターが画面に登場する度に「ここでこいつが登場するのかーッ!」と一々反応していてそれだけでも十分に楽しめてます。オールスター大集合な祝祭空間的な雰囲気が物凄く心地良いんだよね。思い入れのあるキャラクター、というかゲームは登場作品の中では1/3位ですし、存在自体を知らなかったゲームも有りますけどそれでも十分面白い。主人公がガンカタの使い手というのは正直どうなのかとも思いますが。とりあえずは影清が参戦するまで頑張るつもりでいます。

ゲームとしては戦闘にアクション要素を取り入れた事の弊害がもろに出ていて兎にも角にも戦闘が冗長。序盤で、登場キャラクターが少ない時点でも、一話辺りの戦闘時間は余裕で30分超えるのは幾らなんでもマゾヒスティク過ぎやしないかといった具合ですし、その戦闘も今の所はコンボを叩き込む事のみに集中すれば良いと言った感じですし難易度は冗談じゃないかと思うくらいで、典型的な温いキャラゲーなんですけど、元のキャラクターに魅力が有るので許せてしまっているという感じかな。
[PR]
by zefiro01 | 2005-05-30 00:16 | ゲーム


<< ビッグコミックスペリオール12号感想 5/25の雑記 >>