STELLA DEUS ~HOSHIGAMIを継ぐもの~

ステラ・デウス
機種:PS2 発売元:アトラス ジャンル:SRPG 
発売日:2004/10/28 定価:7329円
評価:★★

ステラ・デウスの開発元・パイングロウは「HOSHIGAMI」を開発したマックスファイブが名前を変更して再出発しなおした会社だと知ったのはこのゲー ムを購入してから暫く経ってからでした。回復アイテム「快気の実」のネーミングが個性的であるにもかかわらず妙な既視感を覚えたのですけど、こういう裏事情が有るとは思いもよりませんでしたよ。あまり数が出なiい、タクティクス・オウガの流れを汲んだ新作ゲームとして期待しながらも、あまりものイカレタゲームバランス具合に呆れ て記憶から抹消したHOSHIGAMIに、再び巡り合うというのも何かのいやな因縁を感じますね。

肝心のゲーム内容ですけど、流石にHOSHIGAMIと比べると普通に遊べるようにはなっています。アイテム合成やフリーダンジョン、ギルドクエストなどやりこみ要素も備えていて普通に遊べるゲームにはなっています。ただし、アイテム合成のパターンかなりの数にのぼる割には、一度作成した合成パターンを記憶してくれない為、メモをとるか新規に作成する毎に試行錯誤する羽目になったり、フリーダンジョンを一度クリアすると強制的に地上に戻される、戦闘エフェクト・キャラクターの移動モーションに拘るのは結構だけれどエフェクトのカットが一切出来ない為戦闘が冗長になりがちな事や、障害物に引っ掛かって同じ所を行ったりきたりしてやきもきさせられるCOMの思考等、細かい所での詰めが甘く、ストレスが溜まってしまうのが難点かな。

戦闘パートは、HOSHIGAMIと同じくRAP制という、TOの様なAT制に行動力の要素を付加した物が採用されていてこれはこれで面白い。クラス固有の戦闘スキルも数多く用意されていますし、特殊効果を持った各種装備アイテムも合成で自由に製作できるなど、戦術の自由度や幅は本来ならかなり広く取れる作りになっているのは好印象。ただし、僅かの能力値やレベルの差が戦闘能力に多大な影響を及ぼす仕様になっている為、連続攻撃・連続移動攻撃が可能なRAPシステムがキャラクター間の戦闘能力の差を拡大する方向に働いてしまう事から、結局は能力値(特に移動能力)やレベルを上げての力押しで全てが解決してしまう所は問題有り。その為、ある程度意識的に縛りプレイをしない限りはイベント戦闘は大味で単調な作業になりがちです。レベルによってはラスボスを合体攻撃一撃で倒す事も可能ですし(苦笑)縛りプレイを行った場合には、用意されている各種のやりこみ要素を殆ど放棄しなくてはならなくなる事になります。素材は悪くなくいのですけどバランス調整で失敗しているという感じですね。思えばHOSHIGAMIもそんな感じのゲームでした。

最後にシナリオその他について。世界観とかキャラクターについては独創的とはいえないまでもそれなりの雰囲気を醸し出して悪くはないんですけど(どことなく風の谷のナウシカを連想させる設定やOPで描かれる帝都の風景は結構好き)、稚拙な台詞回しや簡略化されすぎな演出で全て台無し。ストーリーを進行させる事だけに目が向いてしまって、どの様にドラマを見せれば効果的かという事に関してはあまり考考えてつくってないんじゃないかな。一言で言えば、薄っぺらな上に寒いという評価が妥当かな。同じくシナリオが酷い事で有名なSRPGでも、サモンナイトの様なキャラ萌えをメインに置いたゲームや日本一ソフトの様なやりこみ要素を売りにしているゲームとは違って、TOの様な正統派路線で勝負しているんですからシナリオにも気を使って欲しかったです。

全体としては、もう少し煮詰めればなんとかなったかも知れない惜しいゲームというのが自分の感想です。それから、スタッフロールの際に作中で使われたムービー素材が流れるんですけど、同じ映像を何度も使い回しするのはあまりに貧乏くさいのでやめて欲しかった(笑)
[PR]
by zefiro01 | 2004-11-26 23:34 | ゲーム


<< 11/27の雑記 11/25の雑記 >>